水道修理業者を呼ぶ際の流れ

水道修理業者を呼ぶ際の流れ 私たちの生活の中で水道は欠かせないものです。蛇口をひねれば普通に出るものですから、普段そのありがたみにあまり気が付かないかもしれません。しかし水漏れやつまりなど、何かトラブルが発生した場合、大きな支障が出ます。またどう対処すればいいかもわかりません。自分で対処できるトラブルもありますが、水道 修理業者を呼んで水漏れ 修理などの作業を依頼するのが無難です。自分で無理に修理して、逆に症状の悪化を招くことも考えられます。業者の選び方や、問い合わせする前に自分でもやっておくべきことなどについて、以下で詳しく見ていきます。いざという時のために、平時から知識を身に着けておくといいでしょう。

■業者に連絡してからの流れ

水道 修理業者を呼んで水漏れなどの対処をお願いする場合、まずは問い合わせをすることです。そして自分のわかる範囲でどのようなトラブルが起きているかを説明します。申し込みが受理されると、現場にスタッフが駆けつけてくれます。そして何が起きているのかをチェックします。そのうえでトラブルの原因は何か、修理するにあたってどのような作業が必要になるのか、どのくらいの時間を要するかなどの説明が入ります。またこの時、どの程度の費用がかかるか見積書を作成して提示してもらえます。業者の説明や見積内容などを見て納得できれば、実際に作業依頼になります。作業が完了すれば支払いをしておしまいです。通常は受付から作業完了まで1日で終わるでしょう。しかし特殊な部品の交換が伴う場合、取り寄せに多少時間のかかる可能性があります。

■自分でできる対処法
業者を呼ぶ前にこれ以上被害が拡大しないように、自分でできる応急処置もいくつかあります。例えば水道管が壊れたり、蛇口が折れたりすることで水が噴き出すようなトラブルがあります。このような場合、元栓や止水栓を止めてしまいます。こうすれば、家の中の水の流れを止められるので、水が噴き出す症状はひとまずストップできます。給水管付近に止水栓がついているはずですから、こちらをまずは探してみることが大事です。どうしても見つからないようであれば、家の外にある元栓を止めることでも対処できます。そのほかに賃貸物件で生活していてこのようなトラブルに見舞われた場合は、管理会社にも連絡しておきましょう。管理会社の中にはこのような問題が発生した場合、提携する業者を決めているケースもあるからです。

■現場決済が基本

水道修理の場合、基本的に現場決済になります。一部では、銀行振込に対応している業者もありますが、作業を依頼して完了したら、そのスタッフにお金を支払う形が一般的です。しかし場合によっては深夜にトラブルが起きて、ATMで現金を下ろせない、手持ちがないというケースも出てくるでしょう。そのような時にはクレジット決済に対応している業者が便利です。特に水道修理の場合、現場を見てみないと金額が決まらないことも多いため、クレジット決済できる業者は助かります。
ちなみに賃貸物件の場合、住民の過失ではない限り管理会社が負担するのが一般的です。ただし、その場合でも住人が一時的に立て替えることがあるかもしれないため、支払いのことも考えて業者を見つけることです。

■まとめ
自宅で水漏れが起きたり、水道管から勢いよく水が出ていると、パニックになってしまうかもしれません。しかしこのような時にこそ、冷静に現状を見つめる必要があります。特に重要なのは、止水栓や元栓を忘れず止めることです。水の流れを止めてしまえば、それ以上水漏れが悪化することはないからです。特に、マンションなどの集合住宅の場合、階下の天井を濡らして被害が拡大する恐れもありますので頭に入れておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース